IMPREZA-NET-Blog



ボーナスシーズンに備えて、チューニングプランのご相談も
非常に増えて来ています。

最近よく頂いているご質問の回答をここにも書いておきますね。


【 適切なパーツの組み合わせ 】

マフラーやエアクリなど、基本的に HKS 製品をお薦めします。
なぜなら、データの作成は HKS 製品装着を基準にしているためです。

また、他社のパーツは主にノーマル ECU 向けに作られているのに対し
HKS 製品は元々 ECU チューニングも 前提として作られています。

なので、HKS 製品を装着する事で安定してパワーが引き出しやすく、
トルクアップ、レスポンスアップもより効果的になります。


【 どこまで社外品を付けるか? 】

コストパフォーマンスで言えば、
・ HKS スーパーハイブリッドフィルター ( 純正形状エアクリ )
・ HKS スーパー ターボ マフラー
・ HKS スーパーファイヤーレーシングM シリーズ ( 点火プラグ )
この 3つと、特別仕様版データ 「 Phase 2 」 です。

ここから先は、かけた金額分のパワーアップが得にくいので、
熱対策 ( OIL クーラー、大容量ラジエター、エアロボンネット ) や
足まわり ( ブレーキ、タイヤ、車高調 ) に予算を回したほうが
お薦めと言えるでしょう。


【 ここからは F-con もあったほうが良い? 】

さらにパワーアップを望まれる場合は、
・ HKS レーシングサクション ( 剥き出しエアクリ )
・ HKS メタルキャタライザー
・ HKS EVC6-IR2.4 ( ブーストコントローラー )
・ HKS ドライカーボンサクションキット
などを装着し、特別仕様版データ 「 Power Writer 」 です。

ただし、このあたりまで来ると、出来れば F-con の導入も
考えたほうが、より安全にパワーを引き出しやすくなりますので
お薦めです。

F-con 無しの場合は、社外メーター設置や、熱対策をしっかりと行い、
こまめなメンテで車両の健康管理が重要となります。


【 導入前・導入後も、しっかりと整備点検 】

いずれの場合も、特別仕様版データを導入する前にはしっかりと
点検・整備を行いましょう。

パワーが上がると消耗品の劣化も早まりますので、日頃のメンテも
こまめに行いましょう。


投稿者 : まさ!(管理人) [No.1016] (2018/05/30(水)15:36:47)














Copyright © IMPREZA-NET-Blog. All Rights Reserved. [ PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア Tuned By IMPREZA-NET ]