前回のブログを書いた直後、仲間内から革の手入れに何を使っているか、立て続けに訊かれました。
なので、ここにも書いておきます (^^ゞ
 
あくまでも、革製の衣類や靴、家具などがメインの話です。
私は下記の 2つを愛用しています。
クルマの内装の本革に適しているかどうかは正直わかりません。
 
 
レザーケアオイル マスタングペースト
↑ レザーケアオイル マスタングペースト
 
成分は馬油という事で、浸透率が良いようです。
100%天然由来。
 
中身は固形ワックスのような質感ですが、指先の体温で溶けるので私は指で直接すくって塗ってます。
革の中へと染み込んでよく馴染む。
オイルが染み込みやすい年季の入った革ジャンとかに使うと、あっという間に無くなるほど スーッ とよく染み込みますね (笑)
 
乾くと表面はサラっとした感じに仕上がります。
ベタ付き感はゼロ。
 
スエード・ヌバック等の起毛系、メタ系、爬虫類系には使用不可。
 
 
Renapur ( ラナパー )
↑ Renapur ( ラナパー )
 
革製品のメンテの定番と言えば、…という感じかな。
 
オイル成分は植物性で、こちらも 100%天然由来。
製品の説明書には衣類・家具のほかに、クルマのシートやダッシュボードが対象として書かれてあります。
使うと光沢感が増して、いかにも保護・つや出しが目的ってモノですよね。
 
塗り過ぎるとベタ付く感じになるので、そのあたりは若干好みが分かれるところかな。
個人的には、モチモチ感が出てワリと好きなほうかと。
( 無論、使用する革質にもよりますが )
 
スエード・ヌバック等の起毛系には使用不可。
 
 



関連ページ:
レザーケアオイル マスタングペースト
Renapur ( ラナパー )
 
 


カテゴリー 【 一般
[No.1347] (2022/05/08(日)08:13:42)






管理人室


広告