IMPREZA-NET-Blog



最近メールでよくご質問を頂く 「 後付けのカーテシランプ 」。
これについての注意点をいくつか書いておきますね。

【 過去に掲載した後付けカーテシランプの記事 】
 カーテシランプ取付加工 その1
 カーテシランプ取付加工 その2
 カーテシランプ取付加工 その3
 カーテシランプ取付加工 その4



1.経年劣化について

 ロゴを照射するタイプは、LEDの発する熱や光の影響を受けて
 中身のフィルムが段々と色あせしてボケてきます。
 まあ、値段的にも相応の品質だから仕方が無いですけどね (^^ゞ

 その 「 色あせ 」 をなるべく遅らせて長持ちさせるには、
 左右の入替がお薦めです。

 ようは、よく開く運転席側が劣化しやすいので、ローテーションで
 劣化を遅らせるワケです。

 ※ 左右を入れ替えるとロゴの向きが変わってしまいますが、
  ロゴの向きを調整できるタイプもありますので可能な範囲で
  調整してみるとよいでしょう。

  もしくは何個か用意しておいて、定期的に入れ替えると良いです。



2.脱着時の注意

 そのままだと外す時にかなりの高い確率で、裏のパーツが外れて
 中身のレンズやロゴフィルムなどがバラバラに飛び散ります (^^ゞ
 
 それを防ぐには、下の写真のように側面にテープ等を貼って
 簡単に外れないようにしておくのがお薦めです。

 後付けカーテシランプについて



3.個体差対策

 社外品の場合、個体差が大きくて入れる時にキツイ物や緩い物なども
 あったりします。

 緩い場合は、Oリングなどをパッキン代わりに入れておくと良いです。
 
 後付けカーテシランプについて

 内径 50mm、太さ 2mm ぐらいの物が丁度良いです。


投稿者 : まさ!(管理人) [No.1006] (2018/04/18(水)08:32:19)














Copyright © IMPREZA-NET-Blog. All Rights Reserved. [ PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア Tuned By IMPREZA-NET ]