IMPREZA-NET

IMPREZA-NET-Blog <インプレッサネットブログ>




「 ハンドルスイッチの信号変換ユニット 」 のお話の続きです。

前回までのお話では、使用例ごとに別々の使い方をご紹介しましたが
今回からユニットに切替機能を持たせて、一緒に使用可能になりました。


ハンドルスイッチの信号変換ユニット
↑ 標準使用例です。

VAB にハンドルスイッチを移植し、ユニットを繋ぐと 「 青の文字 」
の機能が使用できるようになります。

さらに市販の社外クルコン ( クルーズコントロール ) を併用すると
「 緑の文字 」 の機能も切り替えて使用できます。

※ 市販の社外クルコンの併用は、今のところ下記製品のみ対応

VYNATEC (ヴァイナテック) 社製 リニアクルーズ LC310



「 VDC/DCCD モード 」 と、「 クルコンモード 」 の切替機能を搭載!!

走行中に切り替えて、通常走行時は VDC/DCCD モード、高速道路では
クルコンモードなど、走行ステージに合わせて使い分けができます!

ちなみに、クルコン用のスイッチの割り当ては、「 キャンセル 」 と
「 ON/OFF 」 を入れ替える事も可能です。
( クルコン側の機能で、スイッチ学習にて行います )

クルコンの使い勝手や判りやすさを優先すると、上の例がお薦めです。
スイッチのマーク的にも、右側のは車とメーターの組み合わせで
いかにもクルコンっぽいですし、左側はフェードアウトに見えるので
キャンセルっぽい感じがします (笑)

ただし、安全性を優先するならば、右側にキャンセルがあったほうが
万が一の場合にクルコンキャンセルが使いやすいかも知れません。

まあ、VAB はマニュアルミッション車ですから、ブレーキやクラッチを
踏むことによってもクルコンはキャンセルできますし、OBDII 接続で
確実にブレーキ・クラッチ信号を得られるため、スイッチ割り当ては左側で
全く問題無いと思われます。



左上のスイッチは、ハザードが点滅している絵にも見えなく無いため (笑)
ハザード用に割り当てています。

実は、このスイッチだけ車両の電源が オフ の時にも使用可能。
多機能ユニットやハザード機能で使うのに適しています。


多機能ユニットとの連携には、別売オプションの接続キットを使う事で
サンキューハザードや、多機能ユニットの各種設定用スイッチとして
使用する事が可能になります。

また、特に多機能ユニットが無くても、そのまま純正ハザードに繋ぐと
押している間だけハザードが出せるようになります。
( サンキューハザードの点滅回数を自分で自由に操作できます )


なお、現在実車にて運用テストを行っていますが、ハンドルにハザードの
スイッチがあるのはマジで便利です!

やたらと 「 サンキュー 」 したくなるのは、言うまでもありません (笑)




他にもまだまだ機能を追加中♪
受付開始はもう少し先になりますが、ご期待下さい!!


ご意見・ご質問等ありましたら、こちらまで 是非お願い致します。



投稿者 : まさ!(管理人) [No.849] (2016/06/01(水)06:19:54)




管理人室


広告