IMPREZA-NET-Blog



最近ご質問が急激に増えている当サイトのダブルチャージャーキット。
( 多数お申込み頂き完売となりました。ありがとう御座いました。 )

みなさんが気になる性能についてはもちろんのこと、消耗品に関する
ご質問も多くなってきました。

主な消耗品は、HKSから購入可能な剥き出しエアクリのフィルター、
スーパーチャージャー用のベロフラムとフルード。
それと当サイトを含むダブルチャージャーキット販売店で購入可能な
スーパーチャージャー用の駆動ベルト。


駆動ベルトに関しましては通常では日本で流通していない海外製品のため
輸入時の日本円の換算レートによって多少価格が変わってしまいますが、
基本的に ¥7,500- (税別)で、キット付属ベルトと同等品が購入可能です。


ちなみに駆動ベルトは自動車用の規格品ですから、いろいろなメーカーから
同規格の物が売られていて、各社様々な特色があったりします。

選ぶベルトによってエンジン性能も変わって来そうですので、好みに合わせて
交換してみるのも面白いでしょう。

先ほども書いたように日本では流通していませんが、日本語で購入が可能な
海外通販サイトもありますから、わりと簡単に海外お取り寄せが出来ます。


スーパーチャージャーのベルト交換

私の VAB のベルトはダブルチャージャーキット開発時から使っていますが
まだまだ交換には早い状態なんですけど、ベルトの違いによる効果を試すため
有名メーカーのベルトを 2つほど海外から取り寄せて交換してみました。


スーパーチャージャーのベルト交換
↑ コンチネンタル ( ContiTech 社 ) 製

ベルトに斜めのスリット入りで、プーリーとの接触面を減らして静音効果と
抵抗の軽減効果のあるベルトです。
触った感じは結構硬く、剛性のある強化タイプといったところでしょうか。
硬い分、耐久性が高い代わりにベルトの張りは若干強めにする必要があります。


スーパーチャージャーのベルト交換
↑ 日本トップメーカーの バンドー ( BANDO ) 製

ただし、BANDO USA の製品で、製造はアメリカ。
日本製の製品と同様に環境に優しい 「 EPDM ゴム 」 で作られていますが、
日本製の同シリーズと比べるとホンの少しだけ硬いです。

しかし、コンチネンタルよりは柔らかくプーリーとのフィット感も強いので、
ベルトの張りはコンチネンタルより若干弱めで OK 。
張りを強くしなくて済む分、エンジンへの負荷が減り、レスポンスアップ、
パワーアップ、燃費のアップなども期待出来ますね。


この 2つを比べた場合、ダブルチャージャーキットのパワーに安心して
使える耐久性を求めるならコンチネンタル製が良さそうです。

耐久性よりもエンジン負荷を減らして少しでも各性能を引き出したいなら
バンドー製を選ぶ、という感じですね。


ベルトに関する詳細情報や、海外からのお取り寄せの方法等は、また後日、
ホームページに記事を掲載する予定です。

お楽しみに! (^o^)ノ

投稿者 : まさ!(管理人) [No.964] (2017/10/14(土)06:27:37)














Copyright © IMPREZA-NET-Blog. All Rights Reserved. [ PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア Tuned By IMPREZA-NET ]