IMPREZA-NET-Blog
 
前回のお話しは、こちらをクリック
 
 
先日予約したリベラルの 「 JAWS ( ジョーズ ) 」 が来ました!
 
LIBERAL ( リベラル ) LED ヘッドライト JAWS ( ジョーズ ) 来ました!
↑ かなり大きい梱包サイズ ( 67cm x 33cm x 70cm )
 
 
LIBERAL ( リベラル ) LED ヘッドライト JAWS ( ジョーズ ) 来ました!
↑ 箱を開けると更に箱が。。。 片側ずつ梱包されてます。
 
 
LIBERAL ( リベラル ) LED ヘッドライト JAWS ( ジョーズ ) 来ました!
↑ しっかりとした作りです。 イイですね!
 
 
LIBERAL ( リベラル ) LED ヘッドライト JAWS ( ジョーズ ) 来ました!
↑ 純正形状のコネクター。 カプラーオンの簡単接続。
 
 
取り付けましたら、また詳細を記事にまとめて掲載致します。
お楽しみに (^o^)ノ



関連ページ : リベラル社ホームページ 


カテゴリー 【 チューニング
[No.966] (2017/10/22(日)11:20:34)

最近ご質問が急激に増えている当サイトのダブルチャージャーキット。
( 多数お申込み頂き完売となりました。ありがとう御座いました。 )

みなさんが気になる性能についてはもちろんのこと、消耗品に関する
ご質問も多くなってきました。

主な消耗品は、HKSから購入可能な剥き出しエアクリのフィルター、
スーパーチャージャー用のベロフラムとフルード。
それと当サイトを含むダブルチャージャーキット販売店で購入可能な
スーパーチャージャー用の駆動ベルト。


駆動ベルトに関しましては通常では日本で流通していない海外製品のため
輸入時の日本円の換算レートによって多少価格が変わってしまいますが、
基本的に ¥7,500- (税別)で、キット付属ベルトと同等品が購入可能です。


ちなみに駆動ベルトは自動車用の規格品ですから、いろいろなメーカーから
同規格の物が売られていて、各社様々な特色があったりします。

選ぶベルトによってエンジン性能も変わって来そうですので、好みに合わせて
交換してみるのも面白いでしょう。

先ほども書いたように日本では流通していませんが、日本語で購入が可能な
海外通販サイトもありますから、わりと簡単に海外お取り寄せが出来ます。


スーパーチャージャーのベルト交換

私の VAB のベルトはダブルチャージャーキット開発時から使っていますが
まだまだ交換には早い状態なんですけど、ベルトの違いによる効果を試すため
有名メーカーのベルトを 2つほど海外から取り寄せて交換してみました。


スーパーチャージャーのベルト交換
↑ コンチネンタル ( ContiTech 社 ) 製

ベルトに斜めのスリット入りで、プーリーとの接触面を減らして静音効果と
抵抗の軽減効果のあるベルトです。
触った感じは結構硬く、剛性のある強化タイプといったところでしょうか。
硬い分、耐久性が高い代わりにベルトの張りは若干強めにする必要があります。


スーパーチャージャーのベルト交換
↑ 日本トップメーカーの バンドー ( BANDO ) 製

ただし、BANDO USA の製品で、製造はアメリカ。
日本製の製品と同様に環境に優しい 「 EPDM ゴム 」 で作られていますが、
日本製の同シリーズと比べるとホンの少しだけ硬いです。

しかし、コンチネンタルよりは柔らかくプーリーとのフィット感も強いので、
ベルトの張りはコンチネンタルより若干弱めで OK 。
張りを強くしなくて済む分、エンジンへの負荷が減り、レスポンスアップ、
パワーアップ、燃費のアップなども期待出来ますね。


この 2つを比べた場合、ダブルチャージャーキットのパワーに安心して
使える耐久性を求めるならコンチネンタル製が良さそうです。

耐久性よりもエンジン負荷を減らして少しでも各性能を引き出したいなら
バンドー製を選ぶ、という感じですね。


ベルトに関する詳細情報や、海外からのお取り寄せの方法等は、また後日、
ホームページに記事を掲載する予定です。

お楽しみに! (^o^)ノ

カテゴリー 【 チューニング
[No.964] (2017/10/14(土)06:27:37)

LIBERAL ( リベラル ) LED ヘッドライト JAWS ( ジョーズ )
 
スバル系カスタマイズパーツで名高いリベラル社へ行ってきました!
 
 
LIBERAL ( リベラル ) LED ヘッドライト JAWS ( ジョーズ )
↑ お目当ては勿論これ! LED ヘッドライトです。
 
今年の5月過ぎぐらいから販売の予約受付が開始されたリベラル社の
LED ヘッドランプユニット。 その名も JAWS ( ジョーズ )。
 
COPLUS 社製の LED ヘッドライトを日本の車検適合仕様へと変更した物です。
 
細かなリメイクが繰り返されて、発売日が延び延びになっているものの
製品版はかなりの期待が持てそうなのは言うまでも無い事でしょう。
 
この日、最新版が工場から送られて来ると聞いて、仕事のスケジュールを
なんとかこじ開けてリベラル社へ GO!
 
 
LIBERAL ( リベラル ) LED ヘッドライト JAWS ( ジョーズ )
↑ この日は残念なことにまだ未入荷で、初期タイプの物が装着された状態
 
仕事の関係であまり長居が出来ず、最新作は見れずじまいでしたが
後日また来ようと思います (^^ゞ
 
 
製品版では内部の赤いラインは無くなり、黄色いサイドマーカー部分は
クリアレンズに変更、ライトのカットラインが日本の右ハンドル仕様に
変更されるそうです。
 
2013年の海外モーターショーで人気を博した 「 WRX コンセプト 」 を
思い起こさせるデザイン。 これはマジでカッコ良い!

 
LIBERAL ( リベラル ) LED ヘッドライト JAWS ( ジョーズ )
↑ 裏側の作りも良いですね。
 
 
LIBERAL ( リベラル ) LED ヘッドライト JAWS ( ジョーズ )

すでに初回ロットの 100 台分は残りわずかとの事。
 
私も自分の VAB用に、1セット予約しています (^o^)v

製品版が待ち遠しいですね。
 
 
つづく。。。



関連ページ : リベラル社ホームページ

カテゴリー 【 チューニング
[No.956] (2017/09/09(土)00:53:08)

クラッチリミッターのお話しの続きです。

■ 今までのお話し

 第1話 F-con V-Pro にて
 第2話 自作ユニット
 第3話 頂いたご質問への回答


■ クラッチリミッターとは?

 アクセルを戻さずにシフトアップを可能にするユニットです。
 通常、シフトアップの際にアクセルを戻してクラッチを踏みますが
 このユニットを使用するとアクセルを踏んだままクラッチを踏んでも
 回転数が自動的に固定されます。
 クラッチを踏んだ時の回転数にて、一時的なリミッターとなります。

 アクセルを戻さないのでブーストも下がりません。
 そのままシフトアップしてクラッチを戻すと回転数の固定が解除されて
 スムーズな加速が行えます。



前回の第3話は 6月末だったので、ホントに久々ですね (笑)

実は 8月に車検があったので、前回のお話しから車検が済むまでは
このユニットの進行はストップしておりました。

以前も書いたように、あまり触媒には優しくないと思われましたから
車検前にあまり触媒を傷め過ぎないよう、使用を控えていたワケです。

…っと言っても、点火カットでかなり 「 パンッパンッ 」 といわせていたので、
車検では触媒交換も仕方ないと予想していましたが、それが意外や意外、
排ガス測定は問題無くクリア。
思ったほど触媒は傷まないのかも?


さて、本題に入りましょう。
今回は 2作目ユニットです。

クラッチリミッター 自作ユニット第2作目
↑ 前作との比較

本体は 二回りほど小さくなりました。
その代わり別体のコントロールユニットがあります。

まあ、実際はもっと小型化できるんですが、汎用ケースを使用しているので
ケースの規格サイズでしか作れないのが難点。。。


クラッチリミッター 自作ユニット第2作目
↑ 今回は、電動ファンを装備

ほとんど熱を発する事は無いんですけど、一応念には念を入れて (^^ゞ


クラッチリミッター 自作ユニット第2作目
↑ コントロールユニットはこんな感じ。
 ( 一緒に写っている五百円玉はサイズ比較として )

もうあと 一回り小さく作って、一緒に写ってるプラケースに
入れられるようにする予定。


まだまだ不満点が多いので、早くも第3作目の構想が (笑)


つづく。。。

カテゴリー 【 チューニング
[No.955] (2017/09/07(木)10:16:44)

ケンスタイル ステアリング

某オークションにて、新品なのに半値以下で出ていたので、
久々に思わず 「 ポチッ 」 と行っちゃいました (笑)


ケンスタイル ステアリング

ナッパレザーの赤ステッチ仕様です。

レザーというと一般的には合皮をイメージしやすいんですけど、
「 ナッパレザー 」 とは羊や山羊や牛などの 「 柔らかい本革 」。
高級車の内装に使われてたりしますよね。

握った感じは純正のサラサラ感と比べ、グリップが良い気がします。
作りも結構良いかと。

径は純正と同じで最大径 370mm 。

「 えっ? 純正と同じ径? 」 って思う人も多いかも知れませんが
私的にこれは 「 あり 」 です。

WRX-STI は充分にクイックハンドルですし、細かな操舵をするには
あまり小径にしても良くありません。

また、純正エアバッグとハンドルスイッチパネルを残す仕様としては
元々ほとんど小径化できません。
それに見た目のバランス的にも純正径がベスト。
小径だと対比でエアバッグが大きく見えてしまいますからね (^^ゞ

純正径の操作性の良さをキープしつつ、さりげないお洒落として
イイ感じかと思います。

後日、取り付けましたらホームページのほうにレビューを
載せますね。 お楽しみに〜 (^o^)ノ




関連ページ : ケンスタイルのホームページ


カテゴリー 【 チューニング
[No.948] (2017/08/03(木)14:05:00)

HKSスーパーチャージャー用のブローオフバルブを取り付けて
いる場合だけのお話しですが、ブローオフバルブ内に入っている
「 ベロフラム 」 というパーツは消耗品で、ある程度消耗したら
交換が必要となります。( 交換パーツの定価は 3千円 )

スーパーチャージャー用 ブローオフバルブ ベロフラム
↑ これが 「 ベロフラム 」 です
 ( 500円玉は、サイズを判りやすくするために一緒に撮影 )

これが傷んでくると、ブローオフ作動時に 「 ピーーー 」 っと
音が出たり、動作のキレが悪くなってレスポンスに影響が出て
しまいますので、そうなった場合は交換しましょう。

スーパーチャージャー用 ブローオフバルブ ベロフラム
↑ この中に入ってます

作業自体は簡単で、数分あれば交換が可能です。
取り付け方向に気を付けて組み付ければ完了です。


カテゴリー 【 チューニング
[No.944] (2017/07/21(金)14:18:32)

クラッチリミッターのお話しの続きです。

■ 今までのお話し

 第1話 F-con V-Pro にて
 第2話 自作ユニット


今回は、みなさんからメールで頂いたご質問への回答です。


■ これって結局は何なの?

 アクセルを戻さずにシフトアップを可能にするユニットです。

 通常、シフトアップの際にアクセルを戻してクラッチを踏みますが
 このユニットを使用するとアクセルを踏んだままクラッチを踏んでも
 回転数が固定されます。
 クラッチを踏んだ時の回転数にて、一時的なリミッターとなるワケです。

 アクセルを戻さないのでブーストも下がりません。
 そのままシフトアップしてクラッチを戻すと回転数の固定が解除されて
 スムーズな加速が行えます。



■ フラットフットシフトと同じ?

 似た機能ですが、アプローチの仕方が違います。
 ですので、全くの別モノと言えます。

 フラットフットシフトはその名の通り、アクセル全開での操作が
 基本のようですが、こちらは低〜中回転域での使用がメインです。

 例えば、3000rpm 〜 4500rpm ぐらいとか、出来るだけシームレスな
 感じでシフトアップすることを目的としています。
 無論、使い方しだいで ドカンッ と加速させる事も可能です。
 ( いずれも常用可能かどうかは、今後の検証しだいかと。。。 )

 それと、クラッチリミッターの最大の特長は 「 自由度 」 。

 リミッターのかかり方を 30段階に設定可能で、それを 3つまで
 記憶させる事が出来ます。
 そして走行中に自由に切り換えて楽しめます。

 もちろん、オン・オフも走行中に切替可能。
 オンの時でもアクセルを戻して普通の操作のシフトアップも出来ます。
 使いたい時だけ自由に使える機能です。

 また、取り外せばいつでも元の状態に戻す事が出来るのも良いところ。
 いつでも自分の手でノーマルに戻せるというのは、とても重要な事だと
 思います。



■ ユニットはもっと小さくなる?

 試作1号機より小型化したセパレート式の2号機が完成済みです。
 「 本体 + コントローラー 」 のセパレート式。
 これに関しましては、テスト走行後にブログに載せる予定です。



■ 燃料カットはやらないのか?

 第2話でも書きましたように、ターボ車で燃料カットは流石に怖いです。
 燃料カット式リミッター機能を作ってはみたものの、それを試す勇気が
 出ないので廃止の方向です (苦笑)
 危険性を考えると、点火カットのみが安全で良いと思います。

 また、純正 ECU にも装着して試して見たいと考えております。
 燃料カットを行うには ECU とインジェクター間にユニットを入れて
 噴射に介入させるワケですが、ECU とインジェクターが直接繋がって
 いないと純正 ECU の仕様でエラーが出てしまいます。

 F-con を使用していれば、専用ハーネスに ECU を騙すための装置が
 組み込まれているので、インジェクターが直接繋がっていなくても問題
 はありませんが、純正 ECU だとそれが無いので エラーになります。
 今後、純正 ECU でも試したいので、点火カットのみの方向で進めて
 おります。



■ 適合車種は?

 基本的には動作はシンプルなので 4サイクルの 4気筒エンジンで
 点火信号が 5V タイプなら何にでも使用可能だとは思いますが、
 ECU がエラーを出さない事が条件となるでしょう。
 このあたりは型式・年式等で異なってくると思います。

 まあ、本来はあり得ないタイミングで点火カットを行いますので。。。

 F-con V-Pro などのフルコンならば、エラーが出る事は無いですが
 純正 ECU ( フラッシュエディター等で書き換えた場合も含む )
 の場合はエラー ( エンジンチェックランプの点灯 ) が出ないとも
 言い切れないので、追々確認して行こうと思います。

 あと、クラッチスイッチが装備されている事が条件となります。

 クラッチスイッチとは、クラッチスタート方式のスイッチではなく、
 クラッチを踏み始めた時に作動するスイッチです。
 GRB 以降の WRX-STI ( MT 車 )ならこれが純正で装備されています。

 補足 :
  クラッチスタート方式のスイッチ → 踏み切った時に反応
  クラッチスイッチ → 踏み始めた時に反応
 
  GRB 以降は純正で両方付いています ( MT 車 )
 


■ 製品化するのか?

 現在はまだ未定です。
 …って言いますか、いろいろ検証して行かないとダメですよね。
 エンジンに直接効果を与えるモノだけに、安全性の確認が重要です。
 簡単に製品化して良いモノではないと考えています。

 本当なら、大手メーカーさんが作ってくれると有りがたいのですが、、、
 メーカーさんにデモれるぐらいまでは作り込みたいと思っています。

 そこから先は、みなさんからの反響と完成度によって、考えて行こうと
 思います。

 ご意見・ご要望などは、こちら ( masa@impreza.gr.jp ) まで。
 
 メールには、
  ・ お名前
  ・ お車の型式、アプライドモデル
  ・ ECUタイプ ( 純正、純正書換、サブコン、フルコンなど )
  ・ 装着しているパーツなど
 を書いておいて頂けると助かります。宜しくお願い致します m(_ _)m

 ご質問も遠慮無くどうぞ。



■ もし、販売するならば金額は?

 仕様が決定していない現状では何とも言えないです。
 サブコン並みのユニットなので、それなりの値段になりそうです。
 ご理解ご容赦をお願い致します。

 性能を上げつつ、出来るだけシンプルになれば、安価になる可能性も
 ありますが、こればかりは今後の展開しだいと言ったところでしょう。


つづく。。。

カテゴリー 【 チューニング
[No.939] (2017/06/27(火)00:27:17)

クラッチリミッターのお話しの続きです。

Ecu-Tek で言うところの 「 フラットフットシフト 」 に
似たような機能です。
ギヤをシフトアップする際に、アクセルペダルを踏んだまま
クラッチを踏めるようにするアレです。

クラッチを踏んだ時の回転数でリミッターが働いて回転キープ、
クラッチを離すと普通の状態に戻るユニット。


クラッチリミッター 試作品

前回は F-con V-Pro の機能を使ってやってみましたが、
今回は自作のユニットです。
まだまだ試作品レベルですけどね (^^ゞ


テスト走行では、非常に良いシフトアップ感覚!!!
これはマジで面白い!!

MT 車の革命的パーツになるかも!?


アクセルを踏んだままクラッチを踏んで、ギアの繋がりが良くなるよう
自動で回転数を少し落としていますが、アクセルは踏んだままなので
ブーストが落ちません。

ギヤを入れてクラッチを戻すとスムーズに加速。

街中で、2500rpm 〜 3500rpm ぐらいの普通のギヤチェンジで使用すると
まるで AT 車のようにスルスルと前に出ますね。

MT 車特有の 「 ギヤチェンジでアクセルを戻した際の失速 」 が無く
とてもなめらかな感じです。


もちろん、クラッチを踏んだ時の回転数の落とし具合は調整可能です。

設定によっては変速時のショックが大きくなりますが、もっと 「 ドンッ 」 と
繋げて急加速させる事も可能でしょう。
ただし、駆動系や足まわりの負荷も大きくなるのため車に優しくはないですね。。。


この試作版は点火カットと燃料カットの両方を行えるように作りましたが
ターボ車で燃料カットは流石に怖くて (笑)、現状では点火カットのみで
使用しています。(^^ゞ

いろいろ試してみた結果、点火カットのみでもマフラーから 「 パンパンッ 」と
鳴らないようにする事が可能だと判りました。

街中でも問題無く使えます。
触媒の寿命は少し短くなるかもですけど。。。(苦笑)

点火カットのみならば、もっと基板を小さくできるので次回は小型化した
基板で試してみたいと思います。
あと、操作部分は別体にして、本体 + 小型コントローラー のような
構成にしたいと考えています。

つづく。。。 (^o^)ノ

カテゴリー 【 チューニング
[No.937] (2017/06/19(月)14:30:33)

以前、このブログで少々書きましたが、F-con V-Pro のセッティングで、
ちょっと変わった機能を入れています。

Ecu-Tek で言うところの 「 フラットフットシフト 」 に
似たような機能です。
ギヤをシフトアップする際に、アクセルペダルを踏んだまま
クラッチを踏めるようにするアレです。

とりあえず 5000rpm あたりでギヤチェンジすることを想定し
アクセルを踏んだままクラッチを踏んでも 5000rpm をキープ。

もちろんアクセルを踏んだままなので、ブーストもキープして
そのままひとつ上のギヤへとシフトアップが可能です。
そしてクラッチから足を離すと、ドカンッ と加速するワケです。


さらにシフトダウン時にも 「 オートブリッピング 」 に似たような
操作が可能になります。

4000rpm でひとつギヤを落とす際に、ブレーキとアクセルを踏んで
クラッチも踏むと、自動で 5000rpm をキープ。

ヒール & トゥ って、アクセル側の微妙な調整が難しいんだけど
いい加減に踏んでも必ず設定した回転数になるため、操作が非常に
ラクになるって仕組み。

まあ、あえて言うならば 「 セミオートブリッピング 」 でしょうか。

ヒール & トゥ が苦手な人でも自然とそれらしく運転できちゃう
秘密兵器って感じですね (笑)


ただ、これにはいくつか問題点がありまして、、、

1.キープする回転数は固定式。任意の回転でキープ出来ない。
2.点火カット式のリミッターのため、未燃焼ガスがエキマニで
  燃えるため、パンッ、パンッ とうるさい (^^ゞ
3.上記の 「 2. 」 の関係上、触媒の寿命が短くなりそう。。。

…など、あまり公道で使えるような感じではありません。


そ・こ・で !!

上記の問題点を解消するシステムを自作してみました!!

名付けて 「 クラッチリミッター 」 です!



クラッチリミッター

アクセルを踏んだままでも、クラッチを踏むと回転数をキープ出来ます。
クラッチを踏めば、いつでも好きな回転数でリミッターが効く仕組み。
スムーズにギヤが繋がるよう、少し回転を落とすなどの調整も可能。
もちろんセミオートブリッピング時の回転の上げ具合も調整可。
点火カット + 燃料カット方式で未燃焼ガス発生を防止。


まだまだ卓上での実験機の段階ですが、ハード的にもソフト的にも
ひと通り動くところまで出来上がりました。

基本的にはサブコンと同様で、エンジン制御に割り込んで動きます。
そのため実車への装着は慎重に進めたいと思ってます。 (^^ゞ

上手くいくかどうかは判りませんが。。。
頑張って完成させたいと思います。

つづく (^o^)ノ


カテゴリー 【 チューニング
[No.930] (2017/05/18(木)05:06:38)

販売店様のほうで先行販売を開始している タイプ G に
更にいくつか新機能を追加して テスト車両にて
動作確認を行いました。

皆さんからのご意見を盛り込んだ仕様です (^o^)v

SI-DRIVEオート化ユニット タイプ G ( VAG/VMG 用 )
↑ テストにご協力頂いた VMG 車両

SI-DRIVEオート化ユニット タイプ G ( VAG/VMG 用 )
↑ 取付作業中の写真

機能追加版は既にほかの車両でもテストを重ねており、
この車両には今まで行って来たテスト結果をもとに調整を
加えた 「 完成版 」 を装着。

いわば最終テストと言ったところです。

オーナー様からは、「 問題無く、便利で非常に快適 」 とご感想を
頂きましたので、あとは 「 取付取扱説明書 」 を仕上げてから
受付開始となります。( 5月21日受付開始の予定 )

いつものように、説明書は内装のバラし方の詳細は勿論のこと、
取り付けのコツや使い方に関する情報も盛り沢山。
現在、VM4 用の説明書は総ページ数が 17ページほどありますが
VAG / VMG 用は VM4 には無い S# もありますからね。
もう少しページが増えそうです (^^ゞ


【 最近多いご質問についての回答 】

 この詳細な説明書は当サイトから直接ご購入頂いた分にだけ
 付属致します。
 販売店様のほうで販売されている分には、販売店様のほうで
 ご用意した説明書が付属します。
 ユニット本体はどこでご購入されても同じ仕様です。
 外見、中身、機能に差はありません。
 これは VAG / VMG 用に限らず、VM4 用でも同様です。


なお、既に先行版をご購入頂いている皆様の分につきましては、
販売店様経由でこちらに戻って来た順に最新プログラムへの
アップデートをお受けする準備を整えております。

↓ 使い方に関する How To をホームページに掲載致しました。
SI-DRIVEオート化ユニットの上手な使い方 ( 上手に切り換えるコツ )

カテゴリー 【 チューニング
[No.928] (2017/05/09(火)16:09:21)

 














Copyright © IMPREZA-NET-Blog. All Rights Reserved. [ PHPウェブログシステム3 FLEUGELzネットマニア Tuned By IMPREZA-NET ]