IMPREZA-NET

IMPREZA-NET-Blog <インプレッサネットブログ>





SI-DRIVE をオート化するユニット・タイプ II
SI-DRIVE をオート化するユニット・タイプ VM4 / VM4-HZ
SI-DRIVE をオート化するユニット・タイプ G / G-HZ
ご購入をお待ちの皆様、大変長らくお待たせ致しまして
申し訳御座いませんでした。

本日より受付を再開致します。


ボーナスシーズンという事もあり、今回は多くの方に販売できるよう
なるべく締め切らずに受付継続する予定です。



キャッシュバックキャンペーンも実施中!

ご検討中の皆様もぜひ宜しくお願い致します。


【 ご注意事項 】

お申込方法のご案内ページは、更新を行って 「 ショッピングカートのボタン 」 を
掲載しております。

お申込の記入欄に記入もれがありますと、受付出来ませんので必ずよくお読み
頂いた上でお申し込み下さいますよう宜しくお願い致します。

なお、ブラウザによっては更新前のページを表示してしまう場合もあります。
( ブラウザに古いページが記憶されてしまい、それを表示している状態 )
このような場合は一旦ブラウザを閉じて、再度、新しく開き直すと正しく表示
される場合があります。

または、ブラウザの閲覧履歴、一時ファイルなどをクリアするのも効果的です。
お試し下さい。


カテゴリー 【 お知らせ
[No.1105] (2019/06/15(土)00:00:05)

最近よく頂くご質問の回答をここにも書いておきます。


Q.アクセル配線に簡単に結線する方法は?

A.このユニットを DIY で取り付ける場合、アクセル配線だけは
運転席の下に潜り込んでの作業となのますので若干やりにくいですが
この部分だけショップ等でやってもらうのも良い方法だと言えます。

例えば、カー用品店でスプライス端子と配線コードを購入すれば
これらを車に取り付けてもらう事が可能です。
取り付けてもらった配線にギボシ端子等でユニットを繋げば簡単に
作業が済みます。



Q.一時的に機能をすべてオフに出来ますか?

A.はい、可能です。
設定でスリープモードにする事で、機能をすべてオフに出来ます。

機能オフの設定は、機能毎にもオン・オフが可能ですので
使わない機能だけオフにも出来ます。

説明書に例を掲載しておりますので、それらを参考にして頂ければ
と思います。



Q.走行中の切り替えは手動でも可能ですか?

A.はい、可能です。
オートの機能がオンになっていても、手動で切替が出来ます。

オートが働いて自動で切り変わっている状態の時も、手動で
切り換えなおす事が可能です。






関連ページ : 
SI-DRIVE をオート化するユニット・タイプ II
SI-DRIVE をオート化するユニット・タイプ VM4 / VM4-HZ
SI-DRIVE をオート化するユニット・タイプ G / G-HZ
ハンドルスイッチ信号変換ユニット ( SI-DRIVEオート化 タイプ III 搭載 )


カテゴリー 【 チューニング
[No.1104] (2019/06/12(水)18:16:58)

多機能システムユニット をご注文された皆様、お待たせ致しました。m(_ _)m
本日より 5月末受付分を発送開始致します。

なにぶん非常に混み合っておりますので、ご注文された皆様全員の分を
すべて発送しおわるには早くてもまだ数日以上かかると思います。
ご理解・ご容赦のほど宜しくお願い致します。

※ 他の商品の製作・発送作業も私1人ですべて行っております。
また、作業の効率を上げるため、ある程度まとめて作ってまとめて発送を
行う都合上、発送間隔がありますので、全員分をお送りするには
まだ数日以上かかると予想しております。ご理解頂けると助かります。

発送分につきましては、後ほど発送のお知らせメールをお送り致します。
商品は早ければ明日、遅くとも数日中にはお手元またはご指定先に届きますので
お受取り宜しくお願い致します。

※ ご不在の場合、また、天候・地域によってはこの限りではありません


カテゴリー 【 お知らせ
[No.1103] (2019/06/10(月)11:16:03)


↓ 商品詳細ページはこちら
DG-5 社製 IMPREZA-NET オリジナル車高調



新しい IMPREZA-NET オリジナル車高調のお話の続きです!


【 前回までのおさらい。。。 】

VAB 用の新・車高調

販売開始は 6月 22 〜 23日開催の
スーパーオートバックス熊谷店スバルフェア
から行う予定です。

通販も同時に受付開始の予定です。
宜しくお願い致します。

VAB 用の新・車高調

DG-5 社製で、2017年 D1 グランプリチャンピオンの
藤野秀之選手が製作に携わっております。

DG-5 車高調は、D1 グランプリ上位入賞車両の装着率 No.1。
多くのプロドライバーが認める高品質で本物志向の優れモノ。
もちろん日本メーカーで、日本製です。

D1 というと 「 ドリフト専用なの? 」 と思われそうですが
そんなことはありません。

D1 は、それこそ手足のように自由に車両を操れて始めて
コーナーを華麗に駆け抜けていける競技ですからね。

その 「 手足のように自由に車両を操れる車高調 」 を
目指して作成致しました。




VAB 用の新・車高調

さて、前回のサーキットを使った走行テストに引き続き
今回は公道での走行テストです。

基本的には軽く流すような走行だけになりますが、
操縦性や追従性など、しっかりチェックを行います。


VAB 用の新・車高調
↑ 2017年 D1 グランプリチャンピオンの藤野秀之選手

藤野選手がみずから走行テストを行っています。

刻々と変わる路面にガッチリと追従しているかなど
プロならではの鋭い感覚でじっくりと検証。


VAB 用の新・車高調
↑ セッティングを変えて細かくチェック


VAB 用の新・車高調
↑ そしてまた走り込みの繰り返し。。。


今回も時間をかけて性能チェックして頂きました。
藤野選手、ありがとう御座いました!


一般的なメーカーが作る車高調は純正の寸法をもとに
製作して、それでおしまいです。
その車に乗った事もない人達が作った車高調、、、
それで本当に良い物が作れるのでしょうか?


当 IMPREZA-NET は違います!
徹底的に作りこむ!
そして様々なステージで徹底的に走りこむ!
きちんと真面目に作りこみました。
これが IMPREZA-NET オリジナル車高調です!


もうすぐ発売開始になりますので、お楽しみに!




関連ページ
ティーゲット
WISTERIA
スーパーオートバックス熊谷店


カテゴリー 【 チューニング
[No.1102] (2019/06/06(木)09:24:32)


↓ 商品詳細ページはこちら
DG-5 社製 IMPREZA-NET オリジナル車高調



新しい車高調のお話の続きです!

ストリートからサーキットまで、自在な操縦性を求めて
プロが本気で作った高次元レベルの最新・車高調です。


販売開始は 6月 22 〜 23日開催の
スーパーオートバックス熊谷店スバルフェア
から行う予定です。

通販も同時に受付開始の予定です。
宜しくお願い致します。


VAB 用の新・車高調
↑ 2017年 D1 グランプリチャンピオンの藤野秀之選手

この車高調を作った藤野選手がみずからサーキットにて
その操作性や乗り心地の確認作業をしています。


一般的にどんなに大きなメーカーが作った車高調でも
ここまでやる事は基本的にありません。
まあ、普通は純正の寸法をもとに車高調を製作して
それでおしまいです。
やったとしても取付確認まででしょう。

しかし、それではその車高調がホントに良い物なのか、
車の性能を確実に引き出せるのかどうかは判りません。


当 IMPREZA-NET は、もともとオーナーズ倶楽部ですから
常にオーナーさんの立場に立った物作りを心掛けています。

車高調の動きが車重やその車が持つ本来の走行性能などと
きちんとマッチしているか、操縦性は本当に良くなったのか、
そして WRX-STI オーナーの皆さんが
「 扱いやすく、楽しく走れるのか 」
という事を藤野選手に徹底的に検証してもらいました。


VAB 用の新・車高調
↑ 藤野選手がサーキットで実走行
 
VAB 用の新・車高調
↑ ティーゲット社の堺氏と話し合い、確認作業を進めます

VAB 用の新・車高調
↑ 走らせ方や減衰調整を変更しながら細かく走行性能を確認

VAB 用の新・車高調
↑ そしてまた実走確認

VAB 用の新・車高調
↑ 何度も何度もセッティングを変えて走り込みです

こうやって地道な作業を繰り返し、車高調の性能を確認。


VAB 用の新・車高調
↑ 「 本気でイイよ! 走りが楽しい! 」

VAB 用の新・車高調
↑ 藤野選手、お疲れ様でした!

ちなみに、、、
写真の右側後方に写っているのは製造元の DG-5 社のテント。


仕様を考えて製作し、実走確認した D1 チャンプの藤野選手、
この車高調を製造した日本屈指の車高調メーカー DG-5 社、
セッティングを行って煮詰めたチューナーの堺氏、
取り付けや販売を行うスーパーオートバックス熊谷店、
そして WRX-STI を実際に所有し走りを楽しむこの私も含め、
作り手から乗り手、それに携わる全員が全力で仕上げています!

ほかでは考えられないほどの高次元レベルの完成度。


…しかし、当 IMPREZA-NET は、ここで完了ではありません。
普段乗りや公道での走行性能もきっちりチェックします!

次回の車高調のお話は公道編です。

つづく。。。




関連ページ
ティーゲット
WISTERIA
スーパーオートバックス熊谷店


カテゴリー 【 チューニング
[No.1101] (2019/06/04(火)08:08:57)

 
↓ 商品詳細ページはこちら
DG-5 社製 IMPREZA-NET オリジナル車高調



新しい車高調のお話の続編です!

VAB 用の新・車高調
↑ 製造元は DG-5

DG-5 を知らない人もいらっしゃると思いますので
ざっとご紹介いたしますと、、、

D1 グランプリ上位車両での装着率 No.1 車高調。
レースで培ったテクノロジーはマジ半端ないです。
日本メーカーで、日本製。
高品質で本物志向の優れモノ。

VAB 用の新・車高調
↑ VAB用です

ストリートからサーキットまで使える仕様。

写真だと判りにくいかもだけど、メチャしっかりした作り。
ここまでガッチリ作りこまれていれば、サーキットでも
安心して走れますね。


VAB 用の新・車高調
↑ フロントはピロアッパー

一応、ゴムブッシュ式の用意も考えてます。

VAB 用の新・車高調
↑ 倒立式なので太いですね

バネは Swift です。

VAB 用の新・車高調
↑ 剛性タップリ

VAB 用の新・車高調
↑ 減衰調整は下側にあります

VAB 用の新・車高調
↑ リアアッパーはゴムブッシュ

リアの減衰調整は上側です。
ゴムブッシュはピロとの選択式にするか考慮中。。。

VAB 用の新・車高調
↑ リアはヘルパー入りです

VAB 用の新・車高調
↑ リアの下側はピロ

VAB 用の新・車高調
↑ これから取り付けます!

右から
2017年 D1 グランプリチャンピオンの藤野秀之選手
t-get (ティーゲット)の境さん
スーパーオートバックス熊谷店の堀川さん


販売開始は 6月 22 〜 23日開催の
スーパーオートバックス熊谷店スバルフェア
から行う予定です。

通販も同時に受付開始の予定です。

宜しくお願い致します。


つづく。。。




関連ページ
ティーゲット
WISTERIA
スーパーオートバックス熊谷店



カテゴリー 【 チューニング
[No.1100] (2019/05/30(木)07:34:49)

多機能システムユニット のご購入をお待ちの皆様、
大変長らくお待たせ致しまして申し訳御座いませんでした。
本日より受付を再開致します。

キャッシュバック・キャンペーンも実施中!! 

ご検討中の皆様もぜひ宜しくお願い致します。


【 ご注意事項 】

お申込方法のご案内ページは、更新を行って
「 ショッピングカートのボタン 」 を
掲載しております。

お申込の記入欄に記入もれがありますと、
受付出来ませんので必ずよくお読み
頂いた上でお申し込み下さいますよう
宜しくお願い致します。

なお、ブラウザによっては更新前のページを
表示してしまう場合もあります。
( ブラウザに古いページが記憶されてしまい、
それを表示している状態 )

このような場合は一旦ブラウザを閉じて、
再度、新しく開き直すと正しく表示される
場合があります。

または、ブラウザの閲覧履歴、一時ファイルなどを
クリアするのも効果的です。
お試し下さい。


カテゴリー 【 お知らせ
[No.1099] (2019/05/25(土)00:00:02)

最近よく頂くご質問の回答をここにも書いておきます。


Q.自動切り替え接続キットだけで動作しますか?

A.いいえ、単体では動作しません。

自動切り替え接続キットを使用するには多機能システムの
本体ユニットが必要となります。

なお、自動切り替え接続キットは本体ユニットに最大で
2つ使用可能で、2つまで切り替える事が出来ます。



Q.アンサーバック音とハザードの同期は可能?

A.はい、純正でハザードアンサーバックをオフに出来る
車種では可能です。

多機能システムユニットでは、ロック・アンロック時の
アンサーバック音とハザードの点滅を同時に動作させる
( 同期させる ) 設定がありますので、これを使用すると
アンサーバックとハザード点滅がシンクロして見た目も
良くする事が出来ます。

この機能を使用する際は、純正ハザードアンサーバックを
オフに設定し、多機能システム側でハザードアンサーバックを
出すようにする事で実現出来ます。



Q.バックハザード機能は車検に通りますか?

A.これは一概には何とも言えません。

バックする際、ハザードを点滅させるという行為は
プロのドライバーはもちろんのこと、一般の方々にも
広く浸透している 「 ごく当たり前のマナー 」 であり、
日本中どこでも日常的に見られるものです。

自車の安全性アップは言うまでも無く、歩行者や周囲に
警告をうながして事故を減らす事に大いに貢献しています。

実際、そういった背景からか、国の機関である陸運局にて
車検をする際に、バックハザード機能があったままでも
普通に車検に通る事はよくあります。

一般の車検工場等でもうるさく言われる事はまず無いです。

ディーラー車検では、通らない事がよくあるようですので
ディーラーで車検される場合は機能を一旦オフにすると
良いかと思います。





関連ページ : 
多機能システムユニット


カテゴリー 【 チューニング
[No.1098] (2019/05/21(火)04:37:08)

SI-DRIVE をオート化するユニット・タイプ II
SI-DRIVE をオート化するユニット・タイプ VM4 / VM4-HZ
SI-DRIVE をオート化するユニット・タイプ G / G-HZ
ご購入をお待ちの皆様、大変長らくお待たせ致しまして
申し訳御座いませんでした。

本日より受付を再開致します。

キャッシュバックキャンペーンも実施中!

ご検討中の皆様もぜひ宜しくお願い致します。


【 ご注意事項 】

お申込方法のご案内ページは、更新を行って 「 ショッピングカートのボタン 」 を
掲載しております。

お申込の記入欄に記入もれがありますと、受付出来ませんので必ずよくお読み
頂いた上でお申し込み下さいますよう宜しくお願い致します。

なお、ブラウザによっては更新前のページを表示してしまう場合もあります。
( ブラウザに古いページが記憶されてしまい、それを表示している状態 )
このような場合は一旦ブラウザを閉じて、再度、新しく開き直すと正しく表示
される場合があります。

または、ブラウザの閲覧履歴、一時ファイルなどをクリアするのも効果的です。
お試し下さい。


カテゴリー 【 お知らせ
[No.1097] (2019/05/18(土)00:00:41)

 
先日、更新内容のまとめページでも書きましたが
現在ホームページのリニューアル中です。

主要ページにつきましては、スマホ対応版となり
スマホ閲覧が前よりもしやすくなったかと思います。


現在までにスマホ対応になったのは、

・ トップページ ( ホーム )
・ 更新内容のまとめページ
・ ブログと、コラム
・ 通販系のページ
・ ショッピングカート
・ お問合せ メール送信フォーム
・ VAB/VAG/VMG/VM4 系 カスタマイズ・ラボ
・ GRB/GRF/GVB/GVF/GH/GE 系 カスタマイズ・ラボの一部
・ 工房写真館 ( 一部、旧ページが残ってます )
・ 新型カタログ ( 一部、旧ページが残ってます )
・ その他、一部のメニュー等。。。

特にスマホ版のトップページはスッキリとさせましたので
目的のページへ辿り着きやすくなったと思います (^^ゞ


なお、しばらくの間は少しずつレイアウトの微調整や
修正を繰り返しますので、多少、見えづらい時もあるかと
思いますがご容赦のほど宜しくお願い致します。


カテゴリー 【 お知らせ
[No.1096] (2019/05/15(水)17:12:16)




管理人室


広告